ディスコとは?

ディスコには2つの意味があり、1つはディスコダンスを踊るディスコテークを指し、もう1つはディスコミュージックを指します。一般に、ディスコというと、踊りを踊るダンスフロアがイメージされやすく、世界各地に有名なディスコが存在してきました。一方、ディスコミュージックは、年代によってさまざまなジャンルの音楽に変化を遂げて現在に至ります。

かつて、フランスで発祥したディスコテークでは、生バンドの演奏に合わせて踊るスタイルでした。アメリカに渡ってからも、しばらくはフランスと同じスタイルが続いていましたが、1960年代に入ると生バンドの代わりにレコードをかけて踊るスタイルが主流になりました。レコードはDJが操作し、次から次へと切れ目なくレコードを操るのが、DJのテクニックとされたのです。

ディスコはやがてクラブと呼ばれるようになり、現在も音楽とダンスが好きな人に支持されています。かつてのようにヒット曲を流すというよりも、DJが選んだ曲を流していかに躍らせるかが重視されるようになったのです。ノリの良い音楽が次から次へとかかるディスコでは、現実を忘れて音楽とダンスを楽しむことができます。いまや、ディスコから生まれる音楽シーンもあるほどです。